*

プチ断食ダイエットは定期的におこなうことが大事

      2015/04/19

「続ける」のイメージ

プチ断食ダイエットは健康的に痩せることが目的であるため、期間中はできるかぎり酵素ドリンクと水以外のもの、たとえば食品添加物を多くふくむスナック菓子や甘いお菓子などのたぐいを食べないようにします。

そのため、デトックスや体質改善などの効果が期待できますが、ダイエット効果については少しゆるやかな変動にとどまることもあります。しっかりと準備期をとって3日間の断食をおこなえば効果は高まりますが、準備期をしっかりとらずに1日間の断食しかしなければ、そこまで大きくは痩せられないかもしれません。

しかし上記のように、プチ断食ダイエットの主目的にはダイエットのほかに、健康になるということがあげられます。大事なのは、準備期、断食期、回復期をふくめたプチ断食ダイエットのサイクルを、定期的にまわすことなのです。

定期的にプチ断食ダイエットをおこなう意味

プチ断食ダイエットでは、1回おこなっただけでは思うような成果が得られない場合があります。1日間の絶食では、糖質から脂肪へというエネルギー源の転換がおこなわれたとしても、その効果はそれほど大きくはありません。

そのため、ストレッチや軽いウォーキングなど、ちょっとした運動もとりいれないと大きな効果はのぞめません。かといって激しい運動をすることはキケンなので、おのずとダイエット効果は限定されます。

もちろん3日間の絶食をおこなえば、ゆるやかながらも比較的大きな体重減を期待できると思いますが、基本的に、専門家ではないわたしたちが自宅でプチ断食ダイエットをおこなうときは、1日間が安全でベストな期間であるといえます。

そのような理由から、よりダイエット効果を十分に感じたい場合は、プチ断食ダイエットを何回かおこなう必要があります。不定期におこなうのも良いですが、月経という周期的なホルモンバランスの変化のある女性の場合は特に、そのサイクルにあわせて定期的におこなうのが良いと思います。

また、健康面からみた場合にも、定期的におこなうことは重要な意味をもちます。プチ断食ダイエットにはデトックスや体質改善をして健康になるという目的がありますが、それはいちどの絶食ではかないません

いままで多くの有害物質や毒素をためこんできた体を、いちどのプチ断食ダイエットで完全にリセットすることはできないので、繰り返しおこなう必要があるのです。また、プチ断食ダイエットがおわったあとに、体内に食品添加物などをまったく入れないということはないと思います。お菓子を食べたいし、清涼飲料水も飲みたいですよね。

しかしそれではまた体内にデトックスの対象がたまります。たまった有害物質や毒素を放置せず、体内から排出するために、定期的にプチ断食ダイエットをおこなうのがのぞましいのです。

「定期的」の目安

定期的におこなうといっても、目安がないと実践しにくいと思います。人によって健康状態や体重、また目的はさまざまなはずなので一概にはいえませんが、基本的には「1ヶ月に1回」「1日間のプチ断食ダイエット」をおこなうというのがちょうど良いと思います。

絶食するのは1日間でも、準備期と回復期をあわせると3日間は必要ですし、場合によっては準備期や回復期をもっと長くとることもあるでしょう。そう考えると、1ヶ月に1回というのがちょうど良いペースなのではないでしょうか。

個人的には、隔週ペース(2週間に1回)もありだと思いますし、実際にそうすることもあります。体調や仕事の忙しさなども影響するものなので、自分にあったペースを見つけて実践していくことが大事です。

プチ断食ダイエットを続けるコツ

プチ断食ダイエットを定期的におこなおうと思っても、時間がなかったり気乗りがしなかったりといった理由で、なかなか実践するのはむずかしいと思います。実践するにはちょっとしたコツが必要です。

まず、プチ断食ダイエットの効果を上げることを考えましょう。いちどやってもあまり体重が減らない、体調が良くならない、体質が改善しないなど、効果があまり感じられない状態だと、さすがに続けていくのはツライと思います。

そこで、「準備期をしっかりとる」「期間中は絶対に酵素ドリンクと水以外を摂らない」「軽めのエクササイズをとりいれる」などのポイントをおさえてプチ断食ダイエットをおこないましょう。これらは基本であり、しっかりおこなうことで効果を感じやすくなるはずです。

回復期がおわったあとのアフターケアにも気をつけましょう。プチ断食ダイエットにはデトックス効果が期待できますが、最も良いのはそもそも毒素や有害物質を体内にいれないことです。

ふだんの食事に気をくばり、なるべく野菜や果物、玄米などの健康に良いものを中心に摂っていくことで、プチ断食ダイエットをしなくても良い状態をつくりだすというのが理想です。

また、ストレスをためないことも大事です。期間中に、好きな音楽を聴いたり、入浴剤いりのお風呂にはいったりしてリラックスしながらおこなうのもオススメですし、プチ断食をおこなっていないあいだには、好きなものをガマンせず食べるというのも良いと思います。

さいごの「好きなものをガマンせずに食べる」というのは、先ほどの「プチ断食ダイエットをしなくても良い状態をつくりだす」というのと矛盾するようですが、あくまで後者は理想です。現実的には、完全に実践するのはむずかしいと思います。

もちろん限度があり度をこして食べすぎてしまっては元も子もないですが、かといってストレスをためこむことは心身に良くない影響をおよぼします。からだもこころも健康であることが大事です。

「毎月1回おこなう」「生理がおわったらはじめる」「準備期は1週間とる」「回復期に絶対に暴飲暴食しない」など、自分のルールをきめて、いちどきりではなく長くプチ断食ダイエットを続けていきましょう。

 -プチ断食ダイエットの基礎知識

  関連記事

水分摂取のイメージ

プチ断食ダイエット中に摂るべきもの

プチ断食ダイエットでは、「酵素ドリンク」と「水」だけを摂取して、ほかのものは原則として摂らないように

眠そうな女性

プチ断食ダイエットのリスク

「プチ断食ダイエットの効果」で書いたように、プチ断食ダイエットには減量、デトックス、代謝の改善などの

ハーブティーのイメージ

プチ断食ダイエットで最重要の「回復期」

プチ断食ダイエットには「準備期」「断食期」「回復期」の3つのフェーズがあります。それぞれ文字どおり、

笑顔の女性

プチ断食ダイエットの効果

プチ断食ダイエットの効果にはどのようなものがあるのでしょうか。プチ断食ダイエットのいちばんの目的は「

好転反応のイメージ

プチ断食ダイエットの「好転反応」とその対処法

プチ断食ダイエットの最中に、体調の変化によるトラブルが起こることがあります。いわゆる「好転反応」です

ダメ!のイメージ

プチ断食ダイエットで摂ってはいけないモノまとめ

プチ断食ダイエットでは、食べ物を摂らないことによって内臓を休ませるとともに、消化酵素ではなく代謝酵素

グリーンスムージーのイメージ

プチ断食ダイエット後にオススメの回復食レシピ

プチ断食ダイエットには3つのフェーズ(期間)があり、そのなかでも特に重要なのが「回復期」であるという

運動する女性

プチ断食ダイエット中の運動について

プチ断食ダイエット中の運動は、よりダイエット効果やデトックス効果を高めてくれます。消費カロリーが増え

野菜のイメージ

プチ断食ダイエットをはじめる前の準備

プチ断食ダイエットをはじめる前には準備が必要です。いきなり絶食状態になることでダイエットが失敗してし

NG

プチ断食ダイエットの注意点

プチ断食ダイエットをおこなううえで、注意すべきことがあります。絶食をおこなって良い場合とそうでない場

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

腸
腸内フローラ改善のために善玉菌を増やす方法

プチ断食ダイエットは、運動による消費カロリーの増加ではなく、ファスティングによる摂取カロリーの減少を

ランキングのイメージ
オススメの酵素ドリンクランキング

管理人ぽちゃ子オススメの酵素ドリンクをランキング形式で紹介します。このブログでは「健康的に痩せる」こ

コスト比較のイメージ
酵素ドリンクのコスパを購入方法別に比較しました

プチ断食ダイエットにつかう酵素ドリンクを選ぶときのポイントは、「無添加であるか」「酵素の含有量は多い

半日のイメージ
半日プチ断食ダイエットのやり方

プチ断食ダイエットにはいくつか種類があります。それは絶食する期間の長さでわけて考えるもので、一般的に

妊娠中の女性
プチ断食ダイエットをしてはいけない4つのケース

プチ断食ダイエットは、基本的に自宅でひとりでおこなっても問題ないものです。正しい方法で絶食すれば、リ